格安SIMでもLINEを使うために

更新日:2016年07月21日
  • かわいい通貨少女が教えるバイナリーオプション!! www.goudousai.com バイナリーオプションって何?本当に儲かるの?リスクはないの?といった疑問を通貨少女がお答えします。

Ads by FOREX

1.格安SIMでもLINEは使えますか?

格安SIMでもLINEは使用可能です。しかしながら注意しなければならない点がいくつかあります。

最初にLINEのアカウント作成する時、SMS認証かFacebook認証かを選ぶこととなります。SMS認証は携帯電話のSMS機能を利用して認証コードを受け取り、それを入力してSMS認証を完了します。

一方Facebook認証では自分のFacebookのアカウントを紐付けをすることで本人認証をします。しかしながらFacebookアカウントで認証するとLINE out(旧LINE電話)が利用できないため、SMS認証でアカウントを作成された方が良いです。そうすることでLINEを使って普通の電話番号にもお得に通話することができます。

2.SMS付き格安SIMがお得なワケ

前途記述した通りSMSの機能をつけることでLINEの登録がとてもスムーズになります。LINEだけでなく、電話番号を使ってSMS認証が必要な他のサイトやサービスの登録の時もこれで解決します。

また、SMS付きがオススメな点に「バッテリーの消費量を抑える」ことができる点です。スマホのバッテリ―とSMSに何の関係があるのか?と考えてしまう方も多いかと思いますが、スマホやタブレットなどの端末は音声用の回線に繋がっていないと、電波を掴めていないと認識してしまいます。

つまり常に接続先を探している状態になり、どんどんバッテリーを消費してしまうという現象が起きます。そうした問題を解消してくれるのがSMSです。SMSは音声回線を使用していますので、スマホで音声回線の電波を掴めば、接続先を探すことがなくなり、バッテリーが早く消費されることもなくなる、という仕組みです。

SMS機能は各社月150円前後でこのSMS機能をつけることができます。

3.どれにする?SMS付き格安SIM

通信速度を気にしなければ月600円程度で格安SIMを運用することができます。しかし高速通信が可能なものや、同じものでも月額費が違ったりするので入念に決めましょう。既に使っている人の口コミなども合わせて決められるといいですね。ではSMS付きでなおかつ格安な注目の各社のプランについて見ていきましょう。

・DMM mobile / ライトプラン

業界最安保証とユーザーからの評価が高いDMM。月額440円(データ通信)+150円(SMS機能)のプランがあり、値段を気にされる方におすすめです。

・ServersMan SIM LTE

格安プロバイダでは有名な会社。月額750円(データSMSプラン)という安めの価格設定。通信速度は遅めだが追加料金で高速通信もできます。

・ワイヤレスゲート / 480円プラン

公衆無線wi-fiサービスを提供している会社。月額445円(データ通信)+139円(SMS機能)です。月額料金のみで全国40,000か所以上のWi-Fiスポット使うことができます。

・楽天モバイル / ベーシック

SMSありで月額645円です。メリットは格安SIMでも楽天スーパーポイントが100円につき1ポイントが付きます。

・BB.exciteモバイルLTE / 0MB(SIM1枚)

月額670円(データ通信)+140円(SMS機能)で使用できます。こちらは高速通信ができないので注意が必要です。

4.LINE使用するときの格安SIMの注意点

4-1.MVNOではLINEの「年齢認証」ができない

スマホをMVNOで格安運用すると、LINEの「年齢認証」ができない点です。

年齢認証ができないとID検索をするのも、されるのも出来ず不便です。しかしその点は、解決策があります。docomo、au、softbankなど3大キャリアの携帯電話を使っている友人や家族から、SIMカードを一時的に借りて年齢認証をする方法です。

4-2.LINEの引き継ぎ(メールアドレス登録・履歴の保存)は必須

格安SIMにすることで、LINEの友人リストやスタンプなどデータが消えないようにするには機種変更する前に「メールアドレスの登録」「パスワードの設定」をします。新端末から再度ログインすることができます。これをしないと最悪の場合、今までのアカウントを使用できなくなることがあります。また大事なメッセージをとっておきたい場合は「トーク設定」から、履歴をバックアップすることもできます。

人気記事ランキング

カテゴリー